車検はどこで受けるのはどこがオトク?

代表的な車検を受ける3つの方法

数年に一度受ける必要のある自動車検査ですが、この車検を受ける方法は大きく分けて3種類あります。3種類ともメリットデメリットがありますので、自分の自動車の状態によって車検を受ける方法を決める事がお得に車検を通す近道だと言えます。
まず最も多くの方が車検を依頼しているのが、最寄の自動車販売店ではないでしょうか。これは新車を販売している自動車ディーラーや、整備工場を併設している中古車販売店です。ここに車検を依頼する最大のメリットは、しっかりとした点検と整備を受けられる事です。反面車検費用は割高となります。各種消耗品の劣化が気になりだす新車から5年から10年程度経過する自動車にお勧めです。しっかりした点検で大きな故障を未然に防げる可能性も上がります。

自分で車検を通せば安上がり

次にオーソドックスな車検依頼先としては、車検代行業者が上げられます。車検自体は自分で陸運局で受験できますので、それを代理で受験してもらえます。車検を受験する前に特に点検や整備は行われませんので、自動車販売店に依頼する場合に比べてかなり安価に受験出来ます。これは点検整備がほとんど不要な年式の新しい車や、逆に年式が古く取り敢えず安く車検を通したい方にお勧めです。
最後に最も安く車検を通す方法としては、自分で最寄の陸運局で車検を受験するユーザー車検です。基本的には整備を含めて書類申請も全て自分で行う必要がありますが、その分必要最低限の費用で車検が受験出来ます。とにかく安価で車検を通したい方にはお勧めです。