意外と忘れがちな車検の時期は?

ついつい忘れがちな車検の時期

車検には最低でも数万円の費用がかかってしまうので、車検費用をあらかじめ積み立てておきたいものです。そのためには、次の車検満了日がいつなのかを常に頭に入れておくことが大切になります。また、少しでも条件の良い車検工場を探すためにも、車検の時期を知っておくことは大切になります。期限が間近に迫ってから、急いで車検工場を探しはじめても遅いですよね。最低でも、2ヶ月から3ヶ月前にはリサーチを開始できるようにしておくと安心です。
車検の時期は、商用車と乗用車、排気量などによって異なっていますが、多くの人に関係があるのは自家用乗用車でしょう。自家用乗用車の場合、車検の有効期間は新車の場合は3年間、それ以降は2年間と決まっています。

車検の有効期限を知る方法

世の中には、ついうっかり車検の有効期限のことを忘れてしまっていて、車検切れになってしまう人も少なくないといいます。車検が切れてしまってからでも、再び車検を受けることは可能ですが、車検切れのままで公道を運転すると法律違反になってしまいます。これだけは絶対に避けるようにしましょう。
車検の有効期限を知るには、車検証を見るのが最も簡単で確実な方法です。有効期限を忘れないように、カレンダーに印をつけたり、スマートフォンのカレンダーアプリのリマインダー機能を使うなどすると、忘れるのを防ぐことができます。また、フロントガラスに貼ってある車検シールにも有効期限が表示されています。ただし、こちらの方は車検が切れる月だけが表示してあり、何日に切れるまではわからないので注意しましょう。